病院

甲状腺の病気を治して楽しく生活|症状の悩みを解消させよう

最新式の放射線治療です

困る

がんの放射線治療とは

がん細胞は、発生学的に未熟な細胞です。そして、未熟な細胞ほど放射線の影響を受けやすく、その効果を利用したのががんの放射線治療です。今までにも、がん治療には放射線が用いられてきましたが、がん組織にだけ放射線を当てる技術がとても難しいことから、放射線治療は全てのがんに適用できるわけではありませんでした。その理由は、いくら放射線ががん細胞に対して特別殺傷能力が高いとは言え、放射線は正常な細胞にもダメージを与えてしまうのです。ですから、極力がん組織にだけ放射線を当てる必要があるのです。ところで、最近話題のサイバーナイフという治療法がありますが、サイバーナイフはがんの最新式の放射線治療です。そして、画期的ながんの治療法と言えるのです。

ピンポイントでがんを治療

サイバーナイフのメリットは、皮膚を切開することなくピンポイントでがんを治療できるところにあります。それも、がん以外の正常な組織には極力ダメージを与えないように設定することができるのです。ですから、MRIやPETでがん組織を見つけることができれば、多くのケースでサイバーナイフが利用できます。ただし、サイバーナイフは腸管等にできたがんには利用できません。これは、腸管は蠕動運動等により意思とは関係なく動いてしまい、固定することが困難だからです。しかし、脳腫瘍のような手術自体にリスクを伴う場所のがんでも治療が可能になりますし、転移したがんでも完治が見込める場合があるのです。また、多くの場合で健康保険が適用できるところも大きなメリットと言えます。