土質改良機を依頼する前にチェック!【知って得する基礎情報】

記事一覧

土のリサイクルに

工事現場

利用する目的

様々な工事で地面を掘削すると、土砂の処理という問題が生じます。他の場所に埋め戻すにしても、埋め戻しに適さない土砂もありますし、運搬と埋め戻しにかかる費用と手間の問題もあります。そのような場合に行うべきなのが土質改良です。土質改良とは、状態のよくない土を粉砕、分別などを行った上でセメントや石灰などの固化材を加え、再利用に適する土に改良することです。土質改良に使う機械を土質改良機といい、土の状態に合わせて何種類かの種類があります。土質改良機は土砂の掘削現場でそのまま使えることが多く、その場での埋め戻しにも対応できます。土砂の運搬にかかる費用と手間を削減することもでき、コスト削減にも役立ちます。何より、廃棄するしかなかった土砂を再利用可能な土に再生することで、土のリサイクルが可能となり、環境問題にも効果的です。土質改良機で土を改良することで、軟弱な地盤を改良し、強固な地盤にすることも可能です。雨が多く山林地帯が多い日本では、大雨による土砂災害の被害が後を絶ちません。土質改良機を使って土質を改良することで、強固な地盤にすることができ、災害の軽減にも役立ちます。高速道路を作るときなどの盛り土にも改良した土は使えるため、より安全な高速道路作りも可能となります。このように様々な利用目的があるため、土質改良のニーズは高まってきています。土質改良機は比較的ニッチな機械ですが、今後は使用されることも増えてくると予想されます。

Copyright© 2017 土質改良機を依頼する前にチェック!【知って得する基礎情報】 All Rights Reserved.