土質改良機を依頼する前にチェック!【知って得する基礎情報】

記事一覧

ニッチな重機

作業員

代表的な種類と特徴

土質改良機は、あまりメジャーな重機ではありません。どちらかというとニッチな重機であり、土質改良機を街中で見ることはあまりないかもしれません。土質改良機はその名の通り、土の質を改良するための機械です。使用されるのは河川や港湾、沼地などでの浚渫工事や高速道路の建築時などで、掘り出した土を再利用できるようにしています。浚渫工事で出た土砂は水分を多く含むためそのままでは再利用できませんし、掘り出した土や砂は小石やがれきなどが混じっていてたいていは使い物になりません。そのようなときに土質改良機を使って土砂を選別し、セメントや石灰などを混ぜて土を再利用できるようにすると、別のところから土砂を運んでくる手間が省けます。掘り出した土砂を持って行く手間も省けて一石二鳥です。土質改良機は代表的な二つのメーカーによるものがあり、それぞれ特徴が異なります。ある一社のものは、水分の多い土を改良するのに向いている仕様となっています。処理量が多く、効果的にセメントなどと混ぜることができます。もう一社のものは、土のかたまりが多いものに向いている作りです。土を切るように混ぜるため、比較的水分が少なくまとまった土の改良に向いています。ただ、いずれの場合も万能なわけではなく、事前に小石を取り除いたり、パーツが汚れたり磨耗したら交換したりしないとうまく使えなくなってしまいます。セメントなどの固化材がつくと特に劣化が激しくなるので、こまめなメンテナンスが重要となります。

Copyright© 2017 土質改良機を依頼する前にチェック!【知って得する基礎情報】 All Rights Reserved.